脱毛に必要な期間や回数を、医師解説のもとで種類別に比較!

近年は女性だけではなく、男性でも脱毛をする人が珍しくなくなってきた。その一方で、ツルツルの肌に憧れながらも「どういった施術をされるのか」「痛くないのか」などと考え、最初の一歩がなかなか踏み出せずにいる人もいるだろう。

引用:マイナビ

そこで今回は、南青山皮膚科 スキンナビクリニックの院長である服部英子医師の解説による医療機関での脱毛施術を踏まえつつ、複数の脱毛の種類と特徴を紹介しよう。

脱毛は痛くない! 「正しい脱毛方法」のために知っておきたいこと4つ

面倒な自己処理から解放されるため、レーザーや光での脱毛を定期的に実施している女性も多いだろう。施術後は次の施術に備えての準備をしていく必要があるが、間違ったケアをしていると不要な「痛み」を招くことも。

引用:マイナビ

誤ったアフターケアが原因で脱毛施術を途中で断念してしまったとしたら、とてももったいない選択と言える。

ムダ毛処理が甘い女性と結婚したい? – 年収700万円以上の男性の回答は

イデリア スキンクリニック代官山はこのほど、「女性の脱毛」についての意識調査の結果を発表した。同調査は3月19日~21日、20~40代の男性600名を対象にインターネットで実施したもの。

引用:マイナビ

女性のムダ毛(残り毛)を見てどう思うか尋ねたところ、「とくに何も思わない」との回答が約半数で最も多かった。そのほかには「がっかりする」「だらしないと思う」「興味がなくなる」「悲しくなる」という回答があった。

山下智久、31歳誕生日に新CM! 脱毛で女性たちに美のメッセージ

歌手・俳優の山下智久が脱毛サロン「エターナルラビリンス」の新CMキャラクターになったことが8日、わかった。

引用:マイナビ

CMは、映像ディレクター・田向潤監督のもと、ダークなおとぎ話のような世界観のなか、山下扮する”ジョーカー”が女性を美の世界へ誘うという内容。山下の31歳の誕生日である、4月9日より展開する。

女性のムダ毛、男性が「ワキ」よりも気にしている部位は?

リヴォーンが展開するレディスシェービングサロン「fini」はこのほど、「うぶ毛そりに関する意識調査」の結果を発表した。

引用:マイナビ

同調査は2016年3月、関東圏(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)在住の20~50代の男女800名を対象にインターネットで実施したもの。

ムダ毛の処理意識が低い女性の職業といえば?

パナソニックはこのほど、全国の男女を対象に実施した「女性のムダ毛処理に関する意識調査」の結果を発表した。同調査は2月17日~18日、20~50代の女性490名、20~30代の男性250名を対象にインターネットで実施したもの。

引用:マイナビ

男性に「恋人にしたい女性の職業」を聞いたところ、最も多い回答は「看護師」(38.2%)、2位は「幼稚園教諭、保育士」(34.2%)、3位は「受付」(30.6%)だった。

男性のムダ毛が気になる女性は51% – 一番気になるムダ毛は?

プラネットはこのほど、「ムダ毛処理」に関する意識調査の結果を発表した。同調査は4月18日~5月6日、ネットリサーチ「DIMSDRIVE」モニター4,207人を対象にインターネットで実施したもの。

引用:マイナビ

自分のムダ毛をどの程度気にしているか尋ねたところ、女性の「気にしている(計)」は52.9%、男性の「気にしている(計)」は18.9%だった。男性は年代別に見ると、20代では35.4%、30代では43.3%、40代では31.3%がムダ毛を気にしていると回答。若い年代を中心に、男性の間でもムダ毛への関心が高まっていることがわかる。

脱毛後は”恋人ができるまで”合コンに招待! 100万円のメンズ脱毛プラン登場

メンズ脱毛エキスパートはこのほど、2016年夏休みスペシャル企画として「強制恋愛・脱毛パッケージ」を発売した。

引用:マイナビ

メンズ脱毛エキスパートは、兵庫県神戸市で営業を行うメンズ脱毛専門店。今回、同店が発売した「強制恋愛・脱毛パッケージ」は、ムダ毛の脱毛を行うだけではなく、恋愛が成就するように同サロン代表の加藤慎二氏がさまざまなサポートを行う特別なコースとなっている。女性が気になる「鼻毛・口周り(ヒゲ)・胸毛・すね毛・まゆ毛」といったムダ毛を徹底的に脱毛するほか、同コースのために開発したオリジナルフェイシャルメニューと痩身メニューも受けることができる。

夏までにムダ毛問題を速攻解決! 「剃り」のセルフケアのポイントを学ぶ

梅雨が明ければ夏本番。肌を露出したファッションも臆せず楽しめるよう、気になるムダ毛は早めに処理しておきたいもの。

引用:マイナビ

自分でおこなうムダ毛処理には「剃(そ)る」「除毛」「脱毛」「脱色」などの方法があるが、今回は最も手軽にできて、比較的肌への負担も少ない「剃る」にフォーカスして、ボディーのムダ毛処理法の基本を紹介しよう。

他人のムダ毛が気になる女性は7割 – 「鼻下のうぶ毛が風に揺れて……」

オレンジページはこのほど、「顔・体のムダ毛」についての調査結果を発表した。同調査は5月30日~6月3日、20歳以上の女性1,094人を対象にインターネットで実施したもの。

引用:マイナビ

ムダ毛を気にしているか尋ねたところ、68.3%が「とても気にしている・やや気にしている」と回答した。年代別に見ると、20代は86.8%、30代は77.4%、40代は73.2%、50代は52.6%で、年代が上がるとともに気にすることが少なくなることがわかった。