若い世代でも「ムダ毛処理」は常識?意識調査と正しいムダ毛の自己処理について

女子高生や女子大生などの若い世代の女の子の間で、「ムダ毛のお手入れ」はもはや常識。それに伴い、ムダ毛の自己処理による肌トラブルも増加傾向にあるそうです。

引用:美容最新ニュース

美容脱毛専門サロン「ミュゼプラチナム」では、関東地区・関西地区の女子高生や女子大生などの若い世代の女性600名と、娘を持つ母親200名を対象に「脱毛に関する意識調査」を実施しました。

ムダ毛処理に関する調査 「カミソリで処理」が約70%

家庭用脱毛器を製造・販売するホーム・スキノベーションズ・ジャパン株式会社は、20歳以上40歳未満の女性661人を対象にインターネットにて「ムダ毛処理に関する調査」を実施した。

引用:美容最新ニュース

その調査結果によると、「ムダ毛処理の仕方」は68.9%がカミソリと回答。ムダ毛処理の経験については、86.7%の人が「現在している」と答え、3.6%の人が「全くしていない」となった。

は~るよこい、は~やくこい。待って、薄着になる前にムダ毛処理しないと!

なかなか聞けない他人のムダ毛事情。

引用:美容最新ニュース

そこで、株式会社ジンコーポレーションが展開する美容脱毛サロン「ミュゼプラチナム」がムダ毛に関するアンケート調査を行い、3月13日に結果を公表した。

こっそり聞いた「ムダ毛のお手入れに関する調査」

総合マーケティング支援を行っている株式会社ネオマーケティング。同社が提供するアイリサーチにおいて、「ムダ毛のお手入れ」に関するアンケート調査を実施し、2015年5月22日に結果を公開。

引用:美容最新ニュース

今回の調査は、全国の20歳から39歳の女性500人を対象に2015年5月2日から6日の5日間、インターネット上で実施した。

ここは盲点だった!男性600人に聞いた、絶対にムダ毛がないほうがいいパーツ

今年で開業15周年を迎えるイデリア スキンクリニック代官山。キラキラと輝いた肌と人生を手に入れることを応援してくれる皮膚科・美容皮膚科である。同クリニックには肌の専門家が集まっており、在籍するドクターは全員が皮膚科や形成外科の医師だ。

引用:美容最新ニュース

そんなイデリア スキンクリニック代官山が肌の露出が増える季節を迎える前に、脱毛に関するアンケート調査を実施。2015年5月27日にはそのアンケート結果を公開した。

もう悩まない、フェミニンゾーンのケアポイント

小学館女性インサイト研究所は、20代~40代の女性を対象に「フェミニンゾーン」に関するアンケート調査を実施。女性たちのケア方法や人には聞きにくい日頃の疑問などをまとめ、発表した。

引用:美容最新ニュース

アンケートは、「美的」「AneCan」「Oggi」の読者283名を対象に行われた。この中で83%の女性が「したことがある」と答えたフェミニンゾーンのケア。その方法としては、【アンダーヘアを処理する(セルフ)】が76人と最も多く、【おりものシートを使う】(64人)、【アンダーヘアを処理する(サロン)】(41人)と続いた。7位にも【VIO脱毛】(15人)がランクインしており、特にヘアの処理に対する意識の高まりがわかる。

むだ毛を目立たなくする!美容オイル配合の脱色クリーム誕生

2019年2月25日(金)、クラシエホームプロダクツ株式会社は、むだ毛処理ブランド「エピラット」より、『ラグジュアリーオイルケア 脱色クリーム』を発売する。

引用:美容最新ニュース

このたび、脱色することで、毛を目立たなくするだけでなく、美容オイルを配合し、肌をいたわることへもこだわった新製品が誕生した。

ムダ毛ケア、9割超が「仕上がり」と「コスパ」にジレンマ!

パナソニック株式会社は、自宅でムダ毛ケアを行っている20~40代女性106名を対象に、「ムダ毛ケアとコスパ」に関する意識・実態調査を行った。

引用:美容最新ニュース

すると、自宅でのムダ毛ケアには多くの女性が不満足である反面、本格的なケアはコストがかかるためなかなか手を出せないという、女性たちの“仕上がりとコスパ”のジレンマが浮き彫りとなった。

萎えるわっ!男性が心底許せない女性の「乳首のパイ毛」NG処理法

腕や脚、ワキは、特に女性が意識的にムダ毛の処理を行うパーツ。しかし男性の意見を聞くと、腕や脚以上に「ムダ毛が生えていると許せない」と感じるがパーツがあるようです。

引用:美的.com

そこで今回は、男性が許せないと感じる女性のムダ毛についてご紹介します。

男性が好きな「女性のアンダーヘアの形」第1位は…意外な結果に!

彼氏ができると多くの女性は、ムダ毛の処理が念入りになります。そしてアンダーヘアの形を整えるべく、自己処理の回数が増えたり、脱毛サロンに通い始めたりする女性も少なくありません。

引用:美的.com

そこで今回は、男女で異なる“理想のアンダーヘアの形”と、自己処理で注意すべきポイントについてご紹介します。