激ヤセのせいでできてしまったほうれい線(ほうれい線体験記)

わたしは10代、20代のころ、お肌には全くトラブルがありませんでした。

中高生が悩むはずのにきびもほとんどできなくていつもお肌はツルツルでした。
ほうれい線体験記
そんなわたしの肌の調子が悪くなったのは30代を間近に控えた時です。
当時結婚を前提におつきあいをしている男性がいました。

しかし、わたしはその男性との付き合いが
長くなるたびにあまり好きになれないという思いが強くなってきました。

それからわたしは精神的に疲れてしまい、
それが体調にも表れるようになりました。

とうとうごはんも食べられないほどわたしは参ってしまいました。

激ヤセしたわたしは、ある日鏡を見ると、
顔に見たことのない線があるのを見つけました。

今だからわかるのですが、それはほうれい線でした。

ほうれい線っていえば40代ぐらいになったら
出てくるものかなとなんとなく思っていました。

そんなほうれい線が30歳になったばかりのわたしの顔に現れたのです。
とてもショックでした。

これからどうやってこの線を隠そうかとも思いました。

しかし、マスクをしないと隠せません。
しかたがなく、あれから40年隠さずに見せてきました。
この線のおかげで年齢が10歳も上に見られたことも
数知れないくらいありました。

今は少しでも線が薄くなるように顔の内側から外側へとマッサージをしています。
小さな努力ですが、少しでも若く見られるようにがんばっています。
今は10歳ぐらい年上に見られているけれど、
1歳ずつ若返って20年後にはマイナス10歳若く見えるようになりたいものです。